肋骨ケアは二日酔い対策にも!?


ラボアージュ遠藤です(^^)

 

ここ最近、お腹の凝り肋骨まわりの凝りについてご紹介しておりましたが、

本日もその辺りのお話しです( *´艸`)

 

季節柄、忘年会や打ち上げ等で、お酒を飲む機会が多い今日この頃と思います。

年末でお仕事も忙しい時期ですので、

二日酔いや次の日の体の怠さなど極力避けいきたいですよね(^^;)

 

お酒を飲んだ際、次の日の体調を左右するのは

肝臓の調子です。

 

肝臓の役割の一つは『解毒』です。

接種したアルコールを分解して、体に影響をおよぼさないように無毒化します。

肝臓が元気に働いてくれることで、二日酔や次の日の怠さを回避出来る訳なのです。

アルコール=肝臓 というイメージが浸透しているので、

この辺は、みな様もよくご存じの事と思います。

 

では、肝臓を元気に働かせる為に何をすれば、、、?

という所ですよね。

 

肝臓を元気に働かせる為には、

やはり、温めること・緩めることが大事になります。

 

なので、、、

最近お話ししておりました、

お腹の凝りや肋骨まわりの凝りがあると

肝臓も冷えて働きが悪くなってしまう。

二日酔いになりやすい状態につながってしまう。ということなのです(>_<)

お腹の凝りについて>>>

肋骨まわりの凝りについて>>>

 

 

やはり、普段から

お腹のケア、肋骨まわりのケアをすることは大事なのですね~

二日酔い対策にもなるのですね~

 

普段から行うことも大切ですが

調子を上げる対策として、飲みに行く前に行うのも効果的です。

特に肝臓は肋骨の中側にあるので

前回ご紹介しました、肋骨まわりのセルケアがお勧めです

セルフケア方法>>>

 

ちなみに、、、、

セルフケアの手順で最後にありました、、、

 

息を吸いながら肋骨下部に指4本差をし込みます。

息を吐きながら上半身を前に倒し、指が食い込むのを感じながら5秒ほどキープする。

 15554746_1063306093791430_2087304490_n

 

 

これを行った際、

・指が入らない

・痛み、違和感がある

・固い

という場合、凝りから肝臓への血流が悪くなっている状態です。

イコール、肝臓の働きも悪くなっていることが予想されます。。。

このような方は是非、

肋骨まわりのケア、毎日行うことをお勧めいたしますm(__)m


エステサロン様向け

【東京】新!誰でも売れちゃう!酸素オイル超・活用法セミナー

詳細・お申し込みはこちら!!

http://www.reservestock.jp/page/event_series/21622

 

 

毎年恒例の年末キャンペーンスタートしています!

詳細は、ラボアージュ通信にて配信中です。

ラボアージュ通信 ご登録はこちら

http://www.reservestock.jp/subscribe/29093