大丈夫?そのコンセプトで本当に大丈夫ですか?


こんにちは!

美肌活動部部長&仕事を楽しむセラピストを作る、ラボアージュの根本です。

 

コンセプトを書いてみてください!
と、日常的によく口にしてます、私。

 

が、コンセプトって何でしょうか?

第三者に、お店や自分を理解してもらうための伝える内容ですよね。
知ってほしいことを伝える内容ですよね。

 

私なりの考えなんですが、


コンセプトという言葉は
『秀でている特徴』


と言う意味じゃないのかなと思ってます。

 

 


例えば、あるお店のコンセプトが
【お疲れのお客様の疲れを癒します】
だったとします。


 

お客様目線で見た時にどうでしょうか?

秀でている所がどこなのか伝わらないし、どこにでもよくある感じになっていて期待感を感じさせることが出来ないと思いませんか?

コンセプトだけでこの店に絶対に行きたい!と伝えることは難しいです。


ですが、
この店に行きたいかも!
と、期待させることを目的としてコンセプト文章は必要です。

 

では先程の
【お疲れのお客様の疲れを癒します】

『秀でている特徴』


が伝わるように試しに変えてみましょう。

 

 

 

『秀でている特徴』をあげる


 

1.どんなお客様を一番癒してあげたいですか?

ここでは、例えば
【疲れが歳とともに抜けなくなってきているお客様】
とします。

“好きこそものの上手なれ”ですので、一番に思い浮かぶお客様はちゃんと改善できるのですよ!

 

 

2.1.のお客様のお悩みの原因はなんですか?

ここでは、例えば
【年齢からくる衰えから、全身が血行不良になり酸欠を起こし、コリが溜まっているためいつも疲れている】
とします。

 

 

3.1.のお客様のお悩みをどんなケアで解消しますか?

ここでは、例えば
【コリが溜まったところをしっかりハンドマッサージでほぐす】
とします。

 

 

4.1.のお客様はこの店に通い続けるとどうなりますか?また、どのくらい通うと良くなりますか?

ここでは、例えば
【若々しくなる。3ヶ月。】
とします。

 

 

 

こんな感じで細かく自分のやりたいこと、得意とすることを挙げてみてください。

 

で、まとめます。

 

 

 

まとめる


 

そうすると・・・

【年齢と共に疲れが抜けないとお悩みの方のために、お身体の辛い部分をしっかりハンドマッサージでほぐし、全身の巡りを良くしていきます。3ヶ月後には、疲れにくい若々しいお身体になります。】

 

と、具体的なコンセプト文章になりました!

 

こちらのコンセプト文章を掲げている店舗様の方に、期待感が出ませんか?

 

そして、コンセプト文書を作っていくと、

ご自分が

どんなお客様に対してどんなケアをしてあげたいのか?

が見えてきます。

 

 

ご自分やお店のコンセプト大丈夫ですか???

 

一度、ご自分と向き合ってみてくださいね!

 

今日も最後までありがとうございました!!

 

 

 

自分のやりたいことをまとめる。明日からするべきことを明確にする


 

伝え方を極め、お金も幸せも手に入る!

経営塾 1Day セミナー

自分・サロンの価値を高めるセミナー

4月12日(火)残席1

4月26日(火)残席あり

458f514dd17c64d4bec1be768981a81d1