正しい商材の選び方?!


こんにちはラボアージュの辻です。

突然ですが、商材ってどうやって選んでいらっしゃいますか?

エステサロン様も治療院様も、お客様に「どうなって欲しいのか?」
何時も考えていらっしゃると思います。

そして、その「どうなる」という効果や結果を高めるために商材を選んでいらっしゃると思います。

という事は? 商材選びって大切なお仕事ですよね。

 

現在、様々な商材が世の中に溢れています。
ビューティーフェアなどの展示会も沢山開催されています。

そのたくさんの商品の中から、どんな商品を選ぶのか?
そして、お客様にどんな商品をお使いいただきたいのか?

 

この「選び方」って誰も教えてくれないですよね。だから、きっと皆さんは「凄い商材」を選んでいませんか?

・○○という成分が凄い効果が出るから取り扱う。
・○○という商品だとビフォーアフターがわかりやすいから使う。
・有名な商品だから使う。
・メーカーさんの言う理論が素晴らしいから使う。 等など・・・・

勿論、上記の理由も大切だと思います。私自身も、高濃度酸素化粧品の営業をしていた時
「いかに、酸素オイルがすごいのか?」という事をひたすらお伝えしていました。(汗)

 

でも・・・それって正しいのかな? と疑問に思うようになりました。
それは、皆さんが「効果・結果」を出すのは、「商材の力」だけではないからです。

 

お客様の身体やお肌がどんな状態にあって、その状態を変えるためには何が必要なのか?
その必要なものを補うことができる「ツール」に商材がなるかどうか?

 

これを見極めるのが、正しい商材の選び方なのでは無いでしょうか?


例えば、乾燥がひどいお客様がいらっしゃるとします。
この乾燥を改善させるために、商材を選ぶとします。

その時に、
○○という成分は、保湿効果が○○倍だから潤い輝く肌を手に入れられる。
という商材があり、臨床結果も確かだとします。
普通なら、この商材はとても良い商材なので導入を検討されるかと思います。

 

これって「商材の力」に頼ったサービスだと思うのです。
勿論、頼って良いのです。商材は「ツール」ですから。

 

でも、乾燥に悩んでいるお客様が、水分保持力が低下しているのではなく、
・間違った洗顔方法で、毎日肌を痛めていたら。
・バリア機能が弱っていたら。
・それが原因で乾燥しているとしたら。

その状態を「見極め」「原因」をお伝えし、改善に向かわせる。
その為には、この場合だと、「洗顔方法の見直し」と「バリア機能の強化」
ができるものが、乾燥しない肌を作る為の「ツール」だと思います。

 

だとしたら・・・○○倍の保湿効果のある商材よりも、バリア機能を強化出来る
商材を選ぶ方が正しいと思いませんか?

 

正しい商材の選び方は、お客様のお悩みの原因を解決出来る「ツール」をいかに選ぶか?

そして、お悩みの原因をしっかり見極める事。 これがとても大切だと考えています。


実は、この正しい商材の選び方が出来ると・・・・・
物販もしやすくなるし、リピートも繋がりやすくなります。
そして、実は「集客」にも繋がって来るのです。
その理由は、次回お話したいと思います。